妻たちの不倫で、夫からの浮気調査の依頼も急増中!!

  1. HOME
  2. 浮気している人の行動
  3. 不倫したい…離婚したい妻たち

不満をぶちまける妻たち、離婚したくても出来ない夫たち

夫を踏みつける妻 結婚しているいわゆる中流家庭といわれる夫婦 (年齢25才~45才、2000人1000組の夫婦より調査) その6割以上が、離婚したいほどの不満を抱えながら、 日々結婚生活を続けているのが現実です。

「人生のゴール」「幸せのかたち」=「結婚」!?
女性たちは位置付けてしまったために、人生のパートナーであるはずの夫へ、次から次へと不満をぶちまける妻たち。

  • キツイ性格、怒鳴る、暴力を振るう。
  • セックスに応じない、マグロ妻。
  • 急激に太り始めて、完全にオッサン状態。
  • 家事が出来ない、家が汚い、料理はレトルト、専業主婦なのに妻として機能していない。
  • 夫はのけもの、邪魔者扱い。
  • いつもジャージですっぴん姿。女を忘れている。
  • 会話がない。話を聞かない。
  • 極め付けが、妻が浮気をしている。

しかし、子供がいるから・家を買ったから・金銭的に生活が厳しいなどの理由で、離婚したくてもできない夫たちも6割以上!!

不倫は新しい恋愛…?

「婚活」しても結婚するのに大変な時代に、「結婚」することは大変価値があることです。しかし、その現実を知れば知るほど、「なぜ…?結婚したの…?」 と疑問を投げかけずにはいられません。

不倫している妻 そういう結婚生活の中で、リスクがないなら、不倫したいと夢を見る妻たち。

妻たちは「不倫は新しい恋愛」だと考え始めました。

子供も大きくなった40代後半になると、日頃から夫に対して、不満を持ち興味がない妻たちは、クラス会や友人との外出が急に増え出して、不倫を始めるようになります。

40代以上の既婚女性500人に関するアンケート

「結婚何年目に浮気をしましたか」という質問に、結婚11年目以降に浮気したと答えた妻は63%でした。

セックスを伴わない「デート」を、夫以外の人としたことがありますか?という質問では、28.8%がデートまでの浮気をしています。

  • 不倫(夫以外の人とセックス)したことはありますか?
    「ある」が14.8% 「ない」が85.2%
  • 何人と不倫しましたか?(不倫経験が「ある」と答えた人)
    「2人~5人未満」が60.8% 「1人」が36.5% 「6人~10人未満」が2.7%
  • 何年の期間、不倫していましたか?(不倫経験が「ある」と答えた人)
    3年以上が48.6% 1か月~半年未満は20.3% 1年~3年未満は13.5% 1か月未満は10.8% 半年~1年未満は6.8%

不倫しているときは、お互いの家庭を崩さないように、というかバレないようにと考えるので、不倫の期間が長くなりがち。 しかし、バレればその代償が大きい「不倫」あなたの人生は大きく変わります。他人の人生も狂わせます。人の心なので、明日はどう変わるかかわかりませんね!!

夫以外と愛し合い、積極的に性を謳歌する女性が急増している。家庭の外で「おんな」として輝く女性たちは、皆こう語る。不倫ではありません。私がしているのは「恋愛」です、と。男性は、より「心」を強く求めて恋をしている。女性は、自らの欲望を肯定し、セックスの悦びに身を任せている。いま恋をしていないあなただって、明日、恋に落ちるかもしれない。

「婚外恋愛」の作者である亀山早苗さんは語る。妻の不倫は本来ハードルが高いのですが、一度不倫を経験すると、不倫へのハードルが下がり、不倫する相手の人数が増えていく傾向に。最近は不倫ではなく「婚外恋愛」という言葉を使うことで、罪悪感を持たない人も多い。

妻たちの不倫は、SNS(ソーシャルメディア)へ!!

同窓会で昔のカレシと…、憧れていた○○君と、子供の家庭教師の先生と、PTAで父兄と、趣味の習い事でというパターンが、多くの奥さんのお決まりの不倫コースでした。お仕事されている奥さんは、会社の上司・同僚などお仕事関係での不倫が多いですね。

ソーシャルメディアで不倫相手と ところが最近の不倫事情では、twitterやfacebookなどのSNSがたいへんお盛んで、つながりやすさ○○というCMもありますが、いろんな人と繋がりすぎちゃって、簡単に合体して、不倫に発展するケースが非常に多くなっています。

また簡単に出会えるんで、妻たちは複数の男性と不倫の関係を持つようにもなっています。感染している妻とSEXしたら…性感染症なんて病気も心配ですね!! 最近大都市圏で、梅毒が増えているというニュースもあります。

SNSでの浮気のきっかけ

妻の不倫に限ったことではありませんが、ふられたり・別れたりした腹いせに、交際していた相手のプライベートな画像、写真などをネット上で公開する「リベンジ(復讐)ポルノ」の被害も増えています。気軽に食事の内容や場所もアップしているので、探偵事務所に調べられて浮気の証拠をつかまれるケースもあります。

SNSは便利なようで、多くのリスクを持っていることを肝に銘じて使うべきです。「諸刃の剣」(一方では非常に役立つが、他方では大きな損害をもたらす危険もある)になるということですね!!

SNSで知り合って、SNSで浮気がバレる!!

バレにくい!! 女の浮気は

ラブホテルに入る写真 女性の浮気は巧妙で発見するのが難しいんです。怪しいと思っても、男と違ってなかなかシッポを出しません。

バレにくい最大の要因は『うちの妻が浮気するはずない』夫の思い込みで過信は危険!! 早めに手を打って下さい!!

妻の不倫が心配なご主人は、妻の洋服のニオイやポケットの中を一度調べてみて下さい。

最近、妻はラブホを利用せず、大胆にも自宅を浮気場所に使い始めました。月1~2回程度で男の出入りなら、ラブホじゃないから意外とバレないですね。また出張が多くて家を空ける機会が多いご主人は、隠しカメラを設置してみることをオススメします。

夫をいつかリストラしようと思っている妻たちは、用意周到、条件が揃ったら、離婚を切り出します。夫が気づかない完全犯罪の浮気で離婚されるケースも、結構あるようです! !夫たちは、なんて身勝手な女なんだ! !と言い放つが、もう後の祭り。

妻に関心を持っていない夫が多いので…
まさか?うちの妻に限ってね…( ̄▽ ̄;)!!ガーン
これが現実なんです。

厚労省の月別離婚データによると、一年で離婚が最も多いのは3月、次いで4月です。

夫からの浮気調査依頼が急増中!!

ラブホテルから出てくる写真 「浮気と言えば男がするもの!!」というイメージが強いですが、最近では、ばれずに浮気や不倫をしている女性がかなり多くなっています。

夫は会社で仕事中、妻が日中何しているかなんてぜんぜんわかりませんよね!!

妻たちが家に引きこもっている訳もなく、行動にも一定のパターンはなく、スポーツクラブ・エステ・ネイル・習い事・サークル…月1で男とデートなんてこともザラなので、浮気の証拠をつかむのには時間がかかります。

夫の浮気は、妻から離婚を切り出されない限り家庭に戻る可能性が高い。しかし妻の浮気の場合、性欲を満たす火遊びではなく、恋愛のような気持ちで好きになってしまうので、本気になります!!

以前、探偵事務所へ浮気調査の依頼といえば、女性からの依頼が60~70%と圧倒的でした。

妻たちの不倫が激増したことによって、最近では、夫から浮気調査を依頼するケースがかなり増えてきています。

夫はギリギリまで信じようとするために、手遅れになるケースが多いんです。

決定的な証拠となる探偵事務所の調査報告書

決定的な証拠となる原一探偵事務所の報告書、時間や行動ルートを詳細に記録・顔がハッキリと確認できる証拠写真・接触者との行動や場所・店も正確に特定 ※浮気相手の氏名や住所、調査を行った日時・場所などが詳細に書かれています。掲載している報告書はサンプルです。報告書を無断で公開することは一切ありません。

夫からの浮気相談

※浮気の問題に決着をつける場合は、探偵事務所へ相談されると、早く・確実に解決できます。
つの浮気「現場・証拠・相手」を証明してくれる、
写真入の調査報告書を作成してくれます。

浮気の証拠写真1

浮気の証拠写真2

浮気の証拠写真3

浮気の証拠写真4

浮気の証拠写真5

浮気の証拠写真6

矢印

浮気問題解決!! 調査業42年解決8万件!! 調査力No.1 全国18拠点の原一探偵事務所

浮気で悩む妻 全国18拠点・自社スタッフ100名以上で、日本全国対応できる高度な調査技術と組織力が自慢。24時間365日フリーダイアルのコールセンターでは、月間約2000件の相談に対応。TBS「徳光和夫の感動再会、逢いたい」の制作・調査協力などでもおなじみ。

トラブルが多い業界にあって、消費者庁からは、クレームのほとんどない探偵として評価。弁護士からも、信憑性のある調査報告書を作成する探偵事務所であると高評価。公的機関である県庁のHPにも広告掲載を許可されている、全国で唯一の探偵業者が原一探偵事務所。業界内では、あたたかく丁寧な応対をすることで有名!!

人気のある記事

TOP