浮気を発見した時の注意点

  1. HOME
  2. 探偵事務所の無料相談
  3. 浮気を発見した時の注意点

浮気の決定的な証拠が見つかるまでは、悔しいけど気づかないふりで泳がせましょう。

浮気の現場変に警戒されるより、浮気の証拠が見つけやすくなります。

浮気の証拠を元にどうしたいか…、パートナー(夫・妻・恋人)とじっくりと話し合い、将来について考えて下さい。それはあなたの気持ち次第です。

浮気を発見した時に、慎むべき行動

浮気を発見した時には、以下のような行動は極力慎んで下さい。

  • 浮気の証拠を突きつける。
    「夫の浮気を発見して、そのまま問い詰めました。相手の所に行けばと切り捨てたら、戻ってきましたが、精神的にこっちが疲れて病んでしまい、今では病院通いです。」
  • パートナーを罵り責める。
    「妻の浮気を発見したけれど…、態度が急に明るくなったり、ウキウキしていたり、サービスが良くなった。問いたださないほうが幸せかも・・・!?。」
  • 感情的になって、浮気=離婚・慰謝料と即判断する。
    「心の傷は残るが、別れる気がないのなら、妻は利口にふるまった方がトク。」
  • 浮気相手と自分とどちらを選ぶの?と追及する。
    「精神的・肉体的な苦痛を負っているあなたに、さらなる追い討ちをかけてくる浮気相手もいます。」
  • 無断で家を空ける。外泊する。
    「疑い出すとキリがないので日常の家庭生活を演じる。泳がせましょう。」
  • パートナーの浮気相手に嫌がらせをする。
    電話先で「慰謝料払ってよ!」とか「どうなっても知らないから!」などと相手を脅迫していれば、脅迫罪が成立します。また、たとえ無言電話の場合であっても、それが繰り返される場合には、自分に何らかの害悪が及ぶのではないかと恐怖感をもつのが普通ですので、脅迫罪の要件をみたしていると言うことができます。

「脅迫罪」 刑法第222条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

浮気をする人は2度3度と繰り返します。→ 浮気問題解決!! 調査力No.1全国18拠点の原一探偵事務所

夫の浮気を心配する妻 浮気をしている人は、平気でウソをつきます!言い訳をします。探偵事務所の調査報告書は、証拠能力が高く!裁判所が認める!ウソを打ち破る!決定的な浮気の証拠になります。もし!?浮気の問題でお悩みでしたら…、一度ご相談されてみるのも良い方法です。料金は一切かかりませんので、ご安心ください。メールでもご相談できます。全国18拠点の原一探偵事務所、24時間365日フリーダイアルコールセンターでは、月間約2000件の相談に対応しております。また、GPSで浮気している人の足取りが掴めなかった方、ご相談をオススメ致します。

人気のある記事

TOP