浮気の証拠とは、性交の存在を確認ないし推認できる証拠

  1. HOME
  2. 探偵事務所の無料相談
  3. 離婚裁判でも使える浮気の証拠

浮気の証拠は、ラブホテルなどに出入する男女が、一緒に写っている写真です。

探偵事務所が撮影した不倫カップルの証拠写真 裁判証拠としては、デジタルカメラで撮影する場合は数十枚撮影、写真に連続性があり、尾行して撮影している状況が明白で、ラブホテルに出入りする姿を年月日時分付きで撮影、且つ本人と認識しうる顔写真・車のナンバーを撮影するようにします。

ビデオカメラも同様です。調停・裁判では通常テープ類の証拠の再生はしませんので、ビデオテープの証拠は写真に、録音テープの証拠は文書化してあることが必要です。

浮気の現場・浮気の証拠・浮気相手の写真

➊浮気の現場:二人の男女が出入りするラブホや浮気相手の自宅

浮気の証拠写真1

浮気の証拠写真2

➋浮気の証拠:本人だと認識できる二人の顔・車のナンバーを、ビデオ撮影

浮気の証拠写真3

浮気の証拠写真4

➌浮気相手:浮気相手の名前・自宅・会社なども特定

浮気の証拠写真5

浮気の証拠写真6

浮気相手の女性の自宅まで送る様子まで撮影されているので、相手の女性の所在も確認しています。一般の人がGPS発信機を使った浮気調査では、ラブホに滞在していたであろう!? ところまで推測できますが、浮気の現場で撮影してさらに尾行して、浮気相手の名前・自宅も特定きるのは、探偵だけです。

性交の存在以外の浮気の証拠

  • 携帯電話・パソコンのメール
    メールは、消去されたり、偽造が可能なため、状況証拠程度の価値しかありません。プロバイダーではメールの内容は保存していません。アクセスログのみ保存しています。まれにメール内容の真偽を確認できた場合は、証拠になることもあります。
  • 携帯電話の写真・写メール
    配偶者・愛人の全裸の写真、性行為を行っていることが確認できる写真が、証拠になります。
  • 浮気(不貞)以外の証拠とは!?
    現金がなくなったり、預金・有価証券・生命保険・財形貯蓄などが解約されていた場合、解約された通帳等のコピーがあれば立証可能です。
  • 風俗遊び
    風俗も浮気に含まれると考えられます。性行為を行うようなソープランドやヘルス通いは、完全な浮気です。そのような店の会員カードや領収書を見つけられたら、これは浮気の証拠になります。キャバクラやセクキャバに通うだけなら大丈夫だと思われます。

裁判での浮気とは

法律(判例)では『不貞』という言葉を使用します。
『不貞』とは= 夫婦間の守操義務に違反する姦通(配偶者以外の異性との性交)従って離婚裁判を提訴して、民法770条第1項1号「配偶者に不貞な行為があったとき」で離婚請求をする場合には、性交の存在を確認ないし推認できる証拠が必要です。

離婚裁判においては、不貞を立証するには、ラブホテルなどに出入する男女が、一緒に写っている写真(性交の存在を確認ないし推認出来る証拠が必要)を探偵事務所に依頼して撮影してもらって下さい。実質的に婚姻破綻後の性行為であることを、争点にされることもあります。

浮気をする人は2度3度と繰り返します。→ 浮気問題解決!! 調査力No.1全国18拠点の原一探偵事務所

夫の浮気を心配する妻 浮気をしている人は、平気でウソをつきます!言い訳をします。探偵事務所の調査報告書は、証拠能力が高く!裁判所が認める!ウソを打ち破る!決定的な浮気の証拠になります。もし!?浮気の問題でお悩みでしたら…、一度ご相談されてみるのも良い方法です。料金は一切かかりませんので、ご安心ください。メールでもご相談できます。全国18拠点の原一探偵事務所、24時間365日フリーダイアルコールセンターでは、月間約2000件の相談に対応しております。また、GPSで浮気している人の足取りが掴めなかった方、ご相談をオススメ致します。

人気のある記事

TOP