いじめ・パワハラの立証には証拠を

公開日:2017年07月27日
最終更新日:2017年10月03日
ストーカー、いじめを解決するには、画像・映像・音で記録した証拠が必要

学校のいじめ子供のいじめ、大人の嫌がらせ(セクハラ・パワハラ)は社会的に大きな問題になっています。子供のいじめの場合は、親や先生が知らなかったという場合も結構あって、命に関わるような事件にもなっています。

いじめられている本人かまわりの誰かから、親や先生に相談があれば、相手側の家族と話し合いによって、ある程度軽減されることは考えられます。学校と協力し合って、先生・保護者などと解決策を模索することが一番です。

いじめしかし、学校側がいじめを隠ぺいしたり、誠実な対応ができないような場合は、探偵事務所に相談して、いじめられている証拠を収集することができます。浮気調査と同じように、いじめられている現場の写真などを証拠に、学校側に納得できる事実関係の説明を求めることができます。

裁判になった場合、いじめている子供の保護者の監督義務の責任を追求することができます。いじめが改善されない時には、相手の子供・保護者に対して損害賠償請求が可能になります。

セクハラ・パワハラの問題を解決してくれる証拠とは!?

セクハラ・パワハラでも、会社を辞めさせられた、賃金を減らせれたなど会社ぐるみで行われています。自殺する人も後を絶ちません。長時間労働や賃金未払い、パワハラなどで退職に追いやるブラック企業だけの問題ではありません。

セクハラ・パワハラの場合、社内で相談する人を間違ってしまうと、さまざまな情報がもれてしまい、完全に葬られてしまう場合もあるので、社外の第三者機関に相談されることをオススメします。
暴言や暴行に耐えながら、毎日ICレコーダーに録音していた!!

※タイムライン6:10頃より 探偵事務所アイヴィ・サービスのいじめ調査説明

超小型カメラを机の上にあるいは携帯しておけば、会社での嫌がらせを音と一緒に映像も残せます。浮気調査でもそうですが、一度きりの証拠では、裁判になった場合に立証するには乏しい内容だと判断される場合もあります。パワハラの場合、たまたま励まそうとして言ったとか、誰の声かを証明できるのかという問題になります。

誰が聞いても、「これは上司のAさんが部下のBさんに暴言を吐いている」とわかるように、また記録する必要もあります。

  • 〇月X日 おまえなんか辞めろ!!〇〇〇〇〇と言われました。
  • ★月◇日 土下座しろ!!〇〇〇〇〇と言われました。
  • ●月☆日 ………………………と言われました。

音声といっしょに時系列で書いて記録しておくことが、最大の自衛手段であり、裁判などでも有効になります。ICレコーダーやスマホでも録音できますが、超小型カメラの場合は映像も記録できるので、 パワハラを立証するには、強力な証拠となります。

自分でどうしても対処できない時は、ビデオでいじめ調査説明していた探偵事務所アイヴィ・サービスで証拠収集をしてくれます。