離婚するには 一覧

  1. HOME
  2. 離婚するには

最近離婚を考える!!

喧嘩が絶えない夫婦日本では、年間約25万組以上も離婚しています。数字上10組の夫婦のうち3組から4組が離婚している計算になります。一昔前の離婚というと、暗くて悲惨なイメージがありましたが、寿命も長くなり、一緒に生活することに限界を感じ、離婚する夫婦が多くなりました。

妻が計画的に自分に有利な離婚まで持って行く「離活」という言葉まで存在します。離婚する理由はさまざまでしょうが、離婚をひとつのきっかけとして、新たな人生を歩み出す人たちが増えてきています。

離婚するには理由が必要です。不倫を理由に離婚したい奥さんが増えています!! 夫からの浮気調査の依頼が急増しています。最近では、浮気や不倫の主役は女性たち!!…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

離婚までの簡単な流れ

離婚して独り離婚慰謝料について
後悔しないかどうか、お互い考える。離婚にも、理由が必要です。まずは、話し合って、協議離婚を考える。話が難しいなら、まず別居。1年後には離婚理由になります。おたがい、冷静になれます。別居の間、生活費をもらう。財産分与・親権は、特によく考え話し合う。相手が納得しないなら…

妻の不倫が発覚した時の離婚率70%以上!!

妻の不倫に怒る夫不倫の代償は大きい
女性の不倫はバレにくく、バレていても問い詰める夫の方が少ないのも現実。妻は、夫を嫌いになった訳ではないと頭ではわかっていても、すでに心と体が相手に移っています。そして夫との同居している状態はとても不快で、離婚や別居を選択します。

離婚問題の第一人者 澁川良幸(しぶかわよしゆき)

悩む女性離婚に関する悩みを解決してくれる
離婚問題で、弁護士か行政書士、あるいは行政の相談所で解決できなかった人々が、離婚専門コンサルタント澁川良幸のもとに相談に訪れています。その数2万件超!! 「離活の第一人者」として、離婚専門コンサルタント澁川良幸が、離婚に関する全ての悩みをカウンセリングと同じように解決してくれます。

離婚の法律

法律浮気の事実を確認できた時は、離婚の訴えができる

  • 民法重要条文
    (協議上の離婚) 第763条 夫婦は、その協議で、離婚をすることができる。
  • (裁判上の離婚)
    第770条  夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    一 配偶者に不貞な行為があったとき。

離婚後の婚活

結婚式離婚後の婚活はネットを
寿命も長くなり、夫婦一緒に生活することに限界を感じ、離婚する夫婦が多くなりました。妻が計画的に離婚まで持って行く「離活」 離婚はしたくないが、夫とは一緒にいたくないという「家庭内別居」という言葉まで存在します。

不倫・離婚などに備える保険

慰謝料請求で悩む女性結婚や離婚のトラブルに
今後一生涯、 自分が弁護士と関わるようなことはないと思っている方々が大半です。幸せだったはずの結婚生活に…突然やってきた浮気・不倫などの予期せぬトラブル。探偵事務所で浮気の証拠は撮ったが、離婚の慰謝料・養育費はどうすれば…? 法的なトラブルに直面した時の解決費用を補償してくれる、弁護士費用保険「Mikata」…

浮気をする人は2度3度と繰り返します。→ 浮気問題解決!! 調査力No.1全国18拠点の原一探偵事務所

夫の浮気を心配する妻 浮気をしている人は、平気でウソをつきます!言い訳をします。探偵事務所の調査報告書は、証拠能力が高く!裁判所が認める!ウソを打ち破る!決定的な浮気の証拠になります。もし!?浮気の問題でお悩みでしたら…、一度ご相談されてみるのも良い方法です。料金は一切かかりませんので、ご安心ください。メールでもご相談できます。全国18拠点の原一探偵事務所、24時間365日フリーダイアルコールセンターでは、月間約2000件の相談に対応しております。また、GPSで浮気している人の足取りが掴めなかった方、ご相談をオススメ致します。

人気のある記事

TOP