妻の不倫が発覚した時は離婚を覚悟する!!

  1. HOME
  2. 離婚するには
  3. 妻の不倫が発覚した時の離婚率70%

不倫の代償は大きい

女性の不倫はバレにくく、バレていても問い詰める夫の方が少ないのも現実。妻は、夫を嫌いになった訳ではないと頭ではわかっていても、すでに心と体が相手に移っています。そして夫との同居している状態はとても不快で、離婚や別居を選択します。

妻の心は不倫相手のもとへ 「結婚」という契約上、不倫が発覚した場合は契約違反になります。法律的には、貞操を守る義務(貞操義務)を破ったので、慰謝料・損害賠償・離婚・家族崩壊・失職・社会的信用の失墜…などさまざまな代償が伴ってきます。

男性と女性とでは、浮気をする理由や気持ちが本質的に違います。

女の浮気は、性欲を満たす火遊びではなく、恋愛のような気持ちで好きになってしまうので、本気になります。最終的には、家庭を捨て離婚してでも、不倫相手といっしょになりたいと思うようになってしまうのです。

夫が探偵事務所に依頼して妻の不倫に気がついた時は、もう体だけでなく心も浮気相手の男性に持っていかれています。夫の不倫は70%以上妻に許してもらえますが、妻の気持ちは一度離れたら戻れません。

特に妻の不倫が発覚した時は、なんと!!夫婦の70%以上が、離婚というかたちで決着しています。(不倫と離婚に関する大手リサーチ会社の調査資料より。)

妻の不倫で離婚するケース

妻の不倫に対する夫の怒り
  1. 夫が気づかない完全犯罪の浮気で離婚する。
    新しい男を見つけて一緒になるケース、意外とあります。法律的には、浮気した妻から離婚請求は出来ないのですが、浮気が発覚していないので、完全犯罪の離婚です。
  2. 妻側から離婚を望んで、夫側から離婚してもらう
    心も体も全て浮気相手のものになってしまったので、夫は泣く泣く応じるしかありません。夫は弁護士に依頼して、妻の浮気相手に慰謝料・損害賠償請求することもある。
  3. 夫側が離婚を完全に拒んだ場合
    法律的には、浮気した妻から離婚請求は出来ないので、最悪一生夫の下で飼い殺しされることも考えられます?! 最近話題になっている家庭内別居状態でしょうか。この場合夫は弁護士に依頼して、妻の浮気相手に慰謝料・損害賠償を絶対的に請求します。結果的には、妻の心が離れてしまっているので、離婚するケースが多いようです。
  4. 妻側が許してもらうことを願って、家庭に戻りたい場合
    夫側は一度でも浮気したような女を許さないので、妻と離婚するケースが多くなります。夫は弁護士に依頼して、妻の浮気相手に慰謝料・損害賠償請求することもある。この場合、妻は今後の生活に困る不安が出てきます。
  5. 夫婦ともどもで不倫していた場合
    夫は軽い気持ちだったが、妻は浮気相手に本気で、泥沼の離婚裁判へ。

妻の不倫が発覚した場合、今後あなたの人生を、大きく左右することになると言えるでしょう!!

妻の不倫は、本気モードになってしまう!!

妻の不倫 「結婚何年目に浮気をしましたか」という質問に、結婚11年目以降に浮気したと答えた妻は、なんと!!63% 40代以降に浮気に走り出す妻たち!!

夫はギリギリまで妻を信じようとするために、手遅れになるケースが多いんです。バレにくい最大の要因は、夫の潜在意識の中にある『うちの妻が浮気するはずない』過信は危険!! 早めに手を打って下さい!!

浮気をする人は2度3度と繰り返します。→ 浮気問題解決!! 調査力No.1全国18拠点の原一探偵事務所

夫の浮気を心配する妻 浮気をしている人は、平気でウソをつきます!言い訳をします。探偵事務所の調査報告書は、証拠能力が高く!裁判所が認める!ウソを打ち破る!決定的な浮気の証拠になります。もし!?浮気の問題でお悩みでしたら…、一度ご相談されてみるのも良い方法です。料金は一切かかりませんので、ご安心ください。メールでもご相談できます。全国18拠点の原一探偵事務所、24時間365日フリーダイアルコールセンターでは、月間約2000件の相談に対応しております。また、GPSで浮気している人の足取りが掴めなかった方、ご相談をオススメ致します。

人気のある記事

TOP